山鉾巡行 7月17日 雨天決行
衹園祭 山鉾の解説
衹園祭 有料観覧席のご案内

日本三大祭の一 衹園祭 

衹園祭は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに挙げられており、その歴史の長いこと、またその豪華さ、祭事が1ヶ月にわたる大規模なものであることで広く知られています。
およそ1100年前、神泉苑に日本全国の国の数の鉾66本を立て、衹園の神を祀り災厄の除去を祈る衹園御霊会を行ったのが始まりと伝えられています。

祭のハイライトは17日と24日に行われる33基の山鉾巡行。「京都衹園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にされています。

なお、衹園祭山鉾巡行は、平成26年、7月17日の前祭巡行(23基の山鉾)と24日の後祭巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が49年ぶりに復興しました。

衹園祭について

衹園祭とは。概略や祭の規模について見てみよう。 詳細はこちら→

衹園祭の主な行事

毎年7月1日から31日まで1ヶ月にわたっておこなわれる、主な行事をご紹介します。 詳細はこちら→

山鉾巡行(前祭・後祭)コース

巡行の通過予定時間や山鉾マップもこちらからご覧いただけます。 詳細はこちら→

山鉾の説明

鉾や山をご紹介します。
詳細はこちら→

 

 

鉾と山の解説

鉾や山の構造などを解説します。
詳細はこちら→

 

 

有料観覧席のご案内

京都市観光協会では、御池通りに山鉾巡行をゆっくりとご覧いただける有料観覧席を設置します。この機会にぜひご利用ください。 詳細はこちら→

ご注意

衹園祭にお越しになる際のご注意事項です。 詳細はこちら→