衹園祭の主な行事

衹園祭は毎年7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1ヶ月にわたっておこなわれます。主な行事をご紹介します。

 

  • 行事・日程
  • 内容
吉符入 7月1日~
神事始めの意味で各山鉾町において、町内関係者が本年の衹園祭に関する諸事打合せをする。
くじ取式 7月2日
山鉾巡行の順番をくじによってきめる式。
お迎え提灯 7月10日
午後4時半頃から神輿を迎えるため、趣向をこらした各種の提灯をもって行列する。
神輿洗 7月10日
午後8時頃、神輿3基のうち中御座の神輿をかつぎだし、四条大橋まで運び、鴨川の水で洗い清める。
前祭 鉾建て 7月10日~11日
前祭 山建て 7月11日~14日
各町では巡行の山鉾が収蔵庫から出されて組立てられる。 鉾の組立ては伝統の手法で行い3日間を要する。
長刀鉾稚児社参 7月13日
長刀鉾にのる稚児が、午前11時八坂神社へまいり五位の位をもらう。
前祭(さきまつり)宵山
7月14日~7月16日
各山鉾では、夜は提灯が幾十となく点火され、衹園囃子がにぎやかに奏でられる。(四条通・烏丸通の歩行者天国は15日・16日のみの予定)
山鉾巡行・前祭(さきまつり)巡行 7月17日
午前9時 四条烏丸出発。23基の山鉾。
四条烏丸 (午前9時00分) →四条河原町(9:35) → 河原町御池 (10:20) → 新町御池(11:20)
神幸祭 7月17日
3基の神輿が午後4時頃から氏子町内を巡行して、四条御旅所にとどまる。
後祭 山鉾建て 7月18日~7月21日
後祭の山鉾10基の組み立てが行われる。
後祭(あとまつり)宵山
7月21日~7月23日
山鉾の建てられている町内は車両通行止めとなりますが、四条通等の歩行者天国はありません。露店の出店はない予定です。
山鉾巡行・後祭(あとまつり)巡行 7月24日
午前9時30分 烏丸御池出発。10基の山鉾。
烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:00) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:20)
花傘巡行 7月24日
後祭の山鉾巡行が17日の前祭の山鉾巡行に合同した約50年前に、 山鉾の古い形態を再現するねらいではじめられたもので京都花街のきれいどころの踊、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、衹園ばやし、稚児など総勢千人の行列がつづく。
八坂神社(午前10時00分) →四条寺町 → 寺町御池(10:50) → 河原町御池 → 四条河原町→ 八坂神社(12:00)
還幸祭 7月24日
3基の神輿が午後5時頃四条の御旅所を出て、氏子町内をまわり午後10時頃神社へかえる。
神輿洗 7月28日
10日の神輿洗と同様、四条鴨川で洗いきよめ、午後8時頃神社へかえる。

コラム

 山鉾建て

四本柱に貫や筋違で胴組を組み立てるが、各町によってこれらの位置や角度が違うため、 それぞれの形は独自のものを持っている。固定方法は荒縄による縄絡みと呼ばれる伝統的な技法で行い、 釘は1本も使っていない。 この縄絡みは巡行の際におきる揺れによる歪みを吸収することができるのが優れた点である。

 宵山

宵山では各山鉾町の駒形提灯に灯がともり、鉾からは衹園囃子が流れ、 町会所などには山鉾の人形・織物・金具などが美しく飾られ、 お守りを売る浴衣姿の子供たちの童歌を聞くことができる。

 衹園囃子

衹園祭に鉾の上で囃されるのが衹園囃子で、所謂『コンチキチン』である。 囃方の人数は鉾によって多少ことなるが太鼓方2人、笛方8人、鉦方8人が大体の定員でこれに、 交代員、予備員等を加えて約40~50人が乗込んでいる。囃子の曲目は古来30余種と伝えられている。 今日では20曲程度が用いられ、巡行当日の囃子は各鉾の自由選択であるが、四条通では「神楽」が囃されている。 鉦方は少年、笛方、太鼓方は青年以上の人々があたり大体6月ごろから練習をはじめるが、 現代では、町内以外からも出てもらわないと人数がそろわないといわれている。