第53回「京の冬の旅」のテーマは「京都にみる日本の絵画 ~近世から現代~」
平安遷都以来およそ1100年の間、日本の都であり、文化・芸術の中心地であった京都には、数多くの名画が残っています。また、政治の中心が東京に遷った明治以降も、日本初の公立の絵画専門学校「京都府画学校」(現在の京都市立芸術大学)が開設されるなど、今日に至るまで、京都は日本の絵画の中心として美術界を牽引し、「京都画壇」は日本画革新運動の一大勢力となっていきました。
2019年9月に日本で初開催となるICOM(アイコム)KYOTO2019(国際博物館会議京都大会)が開催されることに先駆け、「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに、通常非公開の文化財を特別公開します。
※各公開箇所ではガイドによるご案内も行っています。

期間

平成31年1月10日(木)~3月18日(月)

※智積院は2月28日(木)までの公開
※東福寺 光明宝殿は3月1日(金)~18日(月)までの公開
※建仁寺 正伝永源院は1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開
※一部拝観休止日がございます。詳しくは各公開箇所欄をご覧ください。
※法要や悪天候等、都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
※情報更新日以降の拝観休止・変更については、お電話でご確認ください。

時間

10:00~16:30(16:00受付終了)

※東寺 五重塔は8:30~17:00(16:30受付終了) / 智積院は9:00~16:30(16:00受付終了) / 善想寺は毎週日曜日10:00~13:00は拝観休止

料金

1ヶ所 600円(いずれも団体割引あり)

※智積院、東寺 五重塔は800円 (通常公開部分含む)
 

お問合せ

京都市観光協会 TEL 075-213-1717 (10:00~18:00/12月29日~1月3日は休み)

主催: 対象15ヶ所・京都市・公益社団法人京都市観光協会
後援: 公益財団法人京都市文化観光資源保護財団
【写真撮影/横山健蔵・山岡正剛・柴田明蘭】
カメライラスト特別公開箇所での写真撮影はご遠慮いただく場合がございます。
靴下イラスト足元が冷えますので拝観の折には、厚手の靴下を用意されることをおすすめします。
お知らせ都合により、寺宝等展示物の内容が変更となる場合がございます。

★「京の冬の旅」スタンプラリー

「京の冬の旅」非公開文化財特別公開の15ヶ所の中から3ヶ所を拝観してスタンプを集めると、指定の場所で"ちょっと一服"(お茶とお菓子など)の特典が受けられます。!
期 間:平成31年1月10日(木)~3月18日(月) ⇒詳細は「京の冬の旅 スタンプラリー」ページへ


★非公開文化財特別公開ガイドブック

特別公開15ヶ所の文化財を豊富な写真でご紹介しています。
公開期間中に各公開箇所受付などで販売 1冊200円
(税込)

 

洛東エリア
建仁寺 正伝永源院 (けんにんじ しょうでんえいげんいん)京の冬の旅5年ぶりの公開 1/10(木)~27(日)、3/1(金)~18(月)の公開

~狩野山楽生誕460年記念 山楽の障壁画で飾られた大名茶人の寺~

 建仁寺の塔頭寺院で、織田信長の弟である大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所。境内には有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元されており、「有楽囲(うらくがこい)」「有楽窓(うらくまど)」など有楽斎好みの特徴を見ることができる。今回は、狩野山楽筆の鮮やかな金碧障壁画「蓮鷺(れんろ)図」や「織田有楽斎画像」「鍾馗(しょうき)図」、2013年春に奉納された元首相・細川護煕氏筆の障壁画、中国・南宋時代の「架鷹(かよう)図」などの寺宝が特別展示される。

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

※1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開

アクセス
京都駅から市バス206系統「東山安井」下車、徒歩約7分
JR奈良線「東福寺」駅から京阪電車「祇園四条」駅下車、徒歩約10分

 

洛東エリア
建仁寺 両足院(けんにんじ りょうそくいん)京の冬の旅5年ぶりの公開

~長谷川等伯生誕480年記念 道釈画家の方丈障壁画と若冲&等伯~

 仏の尊称の一つ「両足尊」にちなんで名付けられた建仁寺塔頭寺院。約300坪の庭園は桃山時代の枯山水庭園と、書院前の池泉庭園からなり、茶室「水月亭」「臨池亭(りんちてい)」が建つ。桃山時代の絵師・長谷川等伯筆「水辺童子図(みずべどうじず)」や「竹林七賢図(ちくりんしちけんず)屏風」のほか、希代の画家・伊藤若冲(じゃくちゅう)筆「雪梅雄鶏図(せつばいゆうけいず)」が特別展示される。また、道釈画家・七類堂天谿(しちるいどうてんけい)氏が2014年の建仁寺開山・栄西(ようさい)禅師の八百年大遠諱(おんき)を機に描いた方丈障壁画が全面完成するのを記念して、この冬初公開となる。如拙筆と伝わる、孔子・釈迦・老子が寄り添う姿を描いた「三教図」(重文)や今回初公開となる「しろき観音像」など、貴重な寺宝も展示される。

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

  
アクセス
京都駅から市バス206系統「東山安井」下車、徒歩約5分
JR奈良線「東福寺」駅から京阪電車「祇園四条」駅下車、徒歩約10分

 

洛東エリア
建仁寺 霊源院(けんにんじ れいげんいん)

~今川義元生誕500年記念 一休禅師や今川義元も修行した五山文学の寺~

 「五山文学」の最高峰とされた建仁寺塔頭寺院。南北朝時代の肖像彫刻の傑作の一つ「中巌円月(ちゅうがんえんげつ)坐像」(重文)は玉眼を嵌めた表情が見事な高僧の木像である。その胎内仏であった「毘沙門天立像」は、鎌倉時代に運慶の息子・湛慶が手がけた木像で、左手に掲げた水晶の中に、伝教大師最澄が持ち帰ったという仏舎利が納められている。今回は、霊源院で出家した戦国大名・今川義元の生誕500年を記念し、義元筆の書状、織田信長筆書状、義元と太原雪斎(たいげんせっさい)の師となる常庵龍崇(じょうあんりゅうすう)筆偈頌(げじゅ)、千利休筆書状、細川幽斎筆書状、狩野山楽筆「布袋像」などが初公開される。

アクセス
京都駅から市バス206系統「清水道」下車、徒歩約5分
JR奈良線「東福寺」駅から京阪電車「祇園四条」駅下車、徒歩約12分

 

洛東エリア
智積院(ちしゃくいん)1/10(木)~2/28(木)の公開

~長谷川等伯生誕480年記念 桃山時代の絵師と京都画壇の巨匠 華麗なる障壁画~

 真言宗智山派(ちさんは)の総本山。収蔵庫には、長谷川等伯とその子・久蔵(きゅうぞう)が描いた、桃山時代を代表する絢爛たる国宝の障壁画が残る。かつて祥雲寺の客殿を飾っていたもので、二本の桜を大胆な構図で描いた「桜図」は久蔵25歳の時の作。「楓図」は翌年若くして世を去った久蔵を悼み、55歳の等伯が人生無常の感を振り切り、生命力を画面一杯に傾けて描いたといわれる傑作である。今回特別公開の宸(しん)殿は、賓客を迎える建物で、京都画壇の巨匠・堂本印象が金地に豊かな色彩で描いた「婦女喫茶図」「松桜柳(しょうおうやなぎ)の図」など色鮮やかな障壁画で飾られている。

※特別公開は2月28日(木)までの公開。

※期間中、庭園の整備(治水調査)を行っております。

アクセス
京都駅から市バス206・208・100系統「東山七条」下車、徒歩約3分
JR奈良線「東福寺」駅から京阪電車「七条」駅下車、徒歩約10分

 

洛東エリア
東福寺 光明宝殿(とうふくじ こうみょうほうでん)京の冬の旅30年ぶりの公開 3/1(金)~18(月)の公開

~東福寺秘蔵の障壁画や貴重な仏像、一挙公開~

臨済宗東福寺派大本山。特別公開の光明宝殿では、開山塔院・普門院(ふもんいん)方丈を飾っていた狩野派の絵師・渡辺了慶(わたなべりょうけい)筆と伝わる「柳松遊禽(ゆうきん)図」「桜梅遊禽図」「籬(まがき)秋草図」(いずれも重文)など、装飾的な構成で四季や自然を描いた美しい金碧障壁画のほか、円山応挙、久保田米僊(べいせん)の画が展示される。また、かつて三門(国宝)に安置されていた像高約3.4mの巨大「二天(にてん)像」(重文)や、伝運慶作の金剛力士像(重文)、「京都五山」第五位であった万寿寺の定朝(じょうちょう)様の阿弥陀如来像(重文)など、東福寺に伝わる仏像の数々も特別公開される。

※3月1日(金)~18日(月)までの公開

アクセス
JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約14分
京都駅から市バス208、88(土休日のみ運行)系統「東福寺」下車、徒歩約12分

 

洛北・洛中エリア
大徳寺 本坊(だいとくじ ほんぼう)

~洛北の禅刹 国宝方丈を飾る探幽の代表作~

 臨済宗大徳寺派大本山。江戸初期建立の方丈(ほうじょう)(国宝)は、8室に分かれ、開山・大燈(だいとう)国師の像を安置する「雲門庵(うんもんあん)」が設けられている。内部を飾る「山水図」「芦雁(ろがん)図」などの障壁画(重文)は、江戸初期を代表する絵師・狩野探幽の代表作で、余白を生かした詩情豊かで瀟洒(しょうしゃ)な水墨画である。方丈庭園(特別名勝・史跡)は江戸時代初期の枯山水庭園で、聚楽第(じゅらくだい)の遺構と伝わる唐門(からもん)(国宝)を望む南庭は、一面の白砂の奥、深山を表す椿の刈込を背に滝を表す2つの大石を立てた平庭。また東庭は小堀遠州の作庭と伝わる。

※1月16日(水)~18日(金)・21日(月)、2月1日(金)・21日(木)、3月1日(金)・15日(金)は拝観休止

アクセス
JR嵯峨野線「二条」駅から市バス206系統「大徳寺前」下車、徒歩約7分
京都駅から地下鉄烏丸線「北大路」駅乗換、市バス101・102・204・205・206系統「大徳寺前」下車、徒歩約7分

 

洛北・洛中エリア
相国寺 慈照院(しょうこくじ じしょういん)京の冬の旅6年ぶりの公開

~足利義政と桂宮の菩提所 朝鮮通信使ゆかりの寺~

 相国寺の塔頭寺院で足利八代将軍義政や桂宮家の菩提所(ぼだいしょ)。客殿(本堂)には、宮家代々の位牌を祀り、狩野派の「帝鑑図(ていかんず)屏風」が飾られている。客殿北廊下には、柱間を利用して作られた珍しい二重丸炉(がんろ)がある。また客殿の前には、「陸船松(りくせんしょう)」や石組が見事な枯山水庭園が広がる。江戸時代に桂宮の御学問所として建てられた書院「棲碧軒(せいへきけん)」は、腰高障子や繊細な欄間(らんま)など桂離宮「古書院(こしょいん)」と同じ材や建築法で造られたもの。今回は、2017年11月に「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ世界記憶遺産に登録されたことを記念して、慈照院の僧に通信使が贈った巻物「韓客詞章(かんきゃくししょう)」ほか書画類を特別展示する。

アクセス
京都駅から地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車、①番出口から徒歩約5分

 

洛北・洛中エリア
本法寺(ほんぽうじ)

~長谷川等伯生誕480年記念 芸術家たちの美の競演~

 室町時代に日親上人が創建した日蓮宗本山の一つで、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の菩提寺。今回は、本法寺塔頭に寄宿していた長谷川等伯が京都で最初に手がけた「日堯(にちぎょう)上人像」(重文)、「波龍図(はりゅうず)屏風」や狩野山楽筆の「唐獅子図(からじしず)屏風」などの絵画が特別公開される。巨大さと見事な描写から「京都三大涅槃図」の一つに数えられる長谷川等伯筆「佛涅槃図(ぶつねはんず)」(重文・複製)のほか、光悦が作庭したと伝わる斬新な図形的意匠の「巴(ともえ)の庭」(名勝)もみどころとなっている。

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

  
アクセス
京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」駅下車、②番出口から徒歩約12分
京都駅から市バス9系統「堀川寺ノ内」下車徒歩約3分

 

洛北・洛中エリア
善想寺(ぜんそうじ) 京の冬の旅初公開

~「身代わり地蔵」と800年前の上皇の石仏~

 開基・想阿善悦(そうあぜんえつ)上人の法名の二字を取って善想寺と名付けられた浄土宗寺院で、平安中期の上皇の御所であった四条後院の跡地に建つ。「石仏阿弥陀如来」は、平安後期に上皇により造立され信仰を集めた。地蔵堂に祀られた「地蔵菩薩像」は、伝教大師最澄(さいちょう)が自ら彫ったと伝わる念持仏で、「泥足地蔵」や「汗出し地蔵」とも呼ばれ身代り地蔵尊として信仰されている。本堂には中尊と脇侍の背後を1枚の船形光背(ふながたこうはい)が覆い、両掌を胸前で水平に重ねる独特の印を結ぶ脇侍が特徴の「善光寺式阿弥陀三尊」が安置されている。

※毎週日曜日10:00~13:00は拝観休止

 
アクセス
京都駅から市バス9系統「堀川三条」下車、徒歩約7分

 

洛西エリア
妙心寺 天球院(みょうしんじ てんきゅういん)

~狩野山楽生誕460年記念 京狩野 山楽・山雪の絢爛豪華な障壁画~

 妙心寺の塔頭寺院で、江戸初期に姫路城主・池田輝政の妹・天久院(てんきゅういん)が創建した。方丈(重文)は、玄関とともに江戸時代を代表する禅宗方丈建築で、方丈内部を飾る障壁画(重文・一部をのぞき高精細複製品)は、京狩野の絵師・狩野山楽(かのうさんらく)と山雪(さんせつ)の代表作として名高い。「竹虎図」、「梅に遊禽図(ゆうきんず)」、朝顔と鉄線の花を描いた「籬草花図(まがきそうかず)」など、金地に映える鮮やかで濃密な色彩と、垂直の線や曲線を活かした幾何学的な画面構成が見事な金碧(きんぺき)障壁画で、創建当時の豪華絢爛さを今に伝えている。また、西の間には山楽・山雪の水墨画が桃山時代当時のまま残されている。

   
アクセス
JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約10分
京都駅から市バス26系統「妙心寺北門前」下車、徒歩すぐ

 

洛西エリア
妙心寺 麟祥院(みょうしんじ りんしょういん) 京の冬の旅8年ぶりの公開

~海北友雪の龍図が残る春日局の菩提寺~

 徳川三代将軍家光が春日局の冥福を祈るために創建した妙心寺塔頭寺院。桃山時代に作られた御霊屋(おたまや)は、春日局が仙洞御所にあった釣殿を後水尾(ごみずのお)天皇より下賜された建物である。かつては能舞台として使用されていたもので、内部には小堀遠州作と伝わる春日局坐像が安置されている。方丈の障壁画は、春日局と親交のあった絵師・海北友松(かいほうゆうしょう)の子、友雪(ゆうせつ)の筆による水墨画で、「雲龍図(一部複製)」「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)・西湖図」などが描かれている。とくに雌雄の龍を描いた「雲龍図」は江戸時代初期の傑作に数えられる。そのほか春日局が家光より賜わった色鮮やかな「百椿図(ひゃくちんず)屏風」などの寺宝も特別公開される。

  
アクセス
JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約7分
京都駅から市バス26系統「妙心寺北門前」下車、徒歩約3分

 

洛西エリア
妙心寺 龍泉菴(みょうしんじ りょうせんあん) 京の冬の旅5年ぶりの公開

~長谷川等伯生誕480年記念 雄大な自然美が描かれた四季の障壁画~

 妙心寺塔頭のなかでも寺格の高い「妙心寺四派」の一つ龍泉派の本庵。山内塔頭寺院の中で最大規模を誇る方丈を飾るのは、1999年の開祖五百年遠諱にあわせて日本画家・由里本出(ゆりもといずる)氏が描いた100面に及ぶ障壁画である。越前海岸を描いて仏教が西から東へ伝来する様を表した「種々東漸図(しゅじゅとうぜんず)」や寺名にちなんだ「昇龍図」のほか菩提樹や沙羅の木を描いた障壁画も納められている。今回は、狩野探幽筆「観音・龍虎図」、谷文晁筆「秋山出屋図(しゅうざんしゅつおくず)」、長谷川等伯筆「枯木猿猴図」(重文・複製)、長沢芦雪、松村景文の作品などの寺宝も特別公開される。

※2月28日(木)、3月1日(金)は拝観休止。

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

  
アクセス
JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約5分

 

洛西エリア
仁和寺 金堂・経蔵(にんなじ こんどう・きょうぞう)

~門跡寺院に残る宮殿建築と輪蔵~

 真言宗御室派の総本山で世界文化遺産。「御室(おむろ)御所」と呼ばれ代々皇室から住職を迎えた門跡(もんぜき)寺院。御所の紫宸殿(ししんでん)を移築した金堂(国宝)は、桃山時代の宮殿建築を伝える貴重な建物である。格子状の蔀(しとみ)をつけ、天井は高く造られており、壁に極彩色の浄土図が描かれた荘厳な堂内には、本尊・阿弥陀三尊像や四天王像、帝釈天(たいしゃくてん)像などが安置されている。経蔵(重文)は、寛永18年(1641)に再建された、「天海版一切経(てんかいばんいっさいきょう)」を納めるお堂で、中央に八角形の回転式輪蔵(りんぞう)を備え、その細部や四方の壁画は今も美しい色彩を留めている。

※2月2日(土)・3日(日)・14日(木)・15日(金)、3月3日(日)・4日(月)は経蔵のみの公開 (300円)

※輪蔵を回転させることはできません。

  
アクセス
京都駅またはJR嵯峨野線「円町」駅から市バス26系統またはJRバス「御室仁和寺」下車、徒歩約2分

 

洛西エリア
転法輪寺 (てんぽうりんじ)京の冬の旅初公開

~「御室大仏」と裸の阿弥陀如来像を祀る寺~

 浄土宗寺院で、開祖は関通(かんつう)上人。上人はこの世に苦しむ人々を極楽浄土に導くために自ら「関所を通す」として関通と名乗った。裳階(もこし)付きの本堂に安置された本尊・阿弥陀如来坐像は、像高2丈4尺(約7.5m)の京都最大級の仏像で、江戸時代に桜町天皇追福のために造られたものと伝わる。また、本尊背後の厨子(ずし)内に安置された阿弥陀如来立像は、裸のままの姿であることが珍しい童姿の像で、天智天皇の誕生にまつわる説話から安産守護の御利益がある。重さ約4tの大梵鐘(ぼんしょう)が吊られた鐘楼と楼門が1つになった「鐘楼門」や、江戸時代の幅3.9m、高さ5.3mの「釈迦大涅槃図(しゃかだいねはんず)」などもみどころとなっている。

※1月20日(日)は拝観休止、1月27日(日)は11:00から、2月24日(日)は13:00からの公開

アクセス
京都駅またはJR嵯峨野線「円町」駅から市バス26系統またはJRバス「御室仁和寺」下車、徒歩約5分

 

洛南エリア
東寺 五重塔(とうじ ごじゅうのとう)

~京都の象徴(シンボル) 日本一高い五重塔~

 世界文化遺産に登録された真言宗総本山。平安京造営時に国家鎮護のために創建され、のちに弘法大師空海に下賜された。徳川三代将軍家光が再建した五重塔(国宝)は、高さ約55mの日本一高い木造塔である。特別公開の初層内部は極彩色の文様で彩られ、密教の根本仏・大日如来に見立てた心柱を囲んで金剛界四仏が安置されている。また、金堂(国宝)、講堂(重文)もあわせて拝観する。

  
アクセス
京都駅から徒歩約15分
京都駅から市バス205系統「東寺道」下車、徒歩約5分

▲トップへ戻る