京都「千年の心得」とは

千年を超える歴史に培われ、今も日常に根付いている「京都の奥深い上質な魅力」に出会う…。
そんな京都ならではの貴重な体験ができる観光プラン『京都「千年の心得」』。
京都で育まれてきた歴史や文化、技に触れ、日常を忘れてじっくり自分を
見つめ直すことができる多彩なプランをご用意しています。

※各プランはすべて予約制です。
※各プランには募集締切日がございますので、お早目にご予約をお願いします。
※お申し込みは1名様より可能です。
※料金はすべて税込となります。
※各プラン会場へのアクセスは、予約時にご案内いたします。
予約・お問い合わせ

京都市観光協会 電話 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

佐々木丞平(ささきじょうへい)京都国立博物館長「特別講座」

近世絵画を専門とする佐々木館長が、参加者の皆様に館蔵品の解説や複製品を使った取り扱い方法の説明を行います。また、文化財の保存についてのお話もあります。講座の後は、京都国立博物館館内のレストラン『The Muses(ザ・ミューゼス)』で昼食をお召し上がりいただきます。

※参加者が10名未満の場合は不催行となります。
※プラン終了後、常設展はご自由に見学いただきます。

開催日 平成31年1月12日(土)・19日(土)・26日(土)
時間 10:30~13:00頃 (所要時間 約2時間30分)
会場 京都国立博物館
交通:京都駅より市バス100・206・208系統「博物館・三十三間堂前」下車すぐ
内容 佐々木丞平館長による特別講座
京都国立博物館内レストラン『The Muses(ザ・ミューゼス)』で昼食
「特集展示 京の冬景色」開催中
料金 各日 7,000円(入館料含む)
※1月12日、1月19日の予約は終了いたしました。お問い合わせはお電話(075-213-1717)にてお願いいたします。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

狩野山楽の目と技を知る 《日本画ワークショップ》
日本画家 定家亜由子(さだいえあゆこ)

定家亜由子さんは京都市立芸術大学大学院で日本画を学び、数々の賞を受賞、個展の開催や寺院に障壁画を奉納するなど、日本画家として幅広く活躍しています。今回は「京の冬の旅」特別公開箇所 建仁寺 正伝永源院で狩野山楽筆の「蓮鷺(れんろ)図」を見た後に、定家さんのご指導のもと、胡粉や岩絵具などの日本画画材を使って蓮を描きます。(作品は当日お持ち帰りいただきます。)

開催日 平成31年1月12日(土)・26日(土)・27日(日)
時間 9:30~12:00頃(所要時間 約2時間30分)
会場 建仁寺 正伝永源院
交通:京都駅より市バス206系統「東山安井」下車 徒歩約7分
内容 狩野山楽筆「蓮鷺図」鑑賞
定家亜由子さんによるお話と日本画ワークショップ
(絵具を使いますので、エプロンを各自ご用意ください。)
お抹茶の接待
料金 各日 5,300円
※予約は終了いたしました。お問い合わせはお電話(075-213-1717)にてお願いいたします。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

朝観光・夜観光 朝の嵯峨嵐山文華館で日本画の世界に触れる

2018年11月にリニューアルオープンした嵯峨嵐山文華館(さがあらしやまぶんかかん)では、その記念企画展として、1月には嵯峨嵐山に関する絵画を展示、2月には和歌や俳句といった「歌」に関する絵画が展示されます。
当プランでは、開館前に、2階畳ギャラリーで絵画に囲まれながら、日本美術の魅力を発掘している学芸課長の岡田秀之さんより、江戸絵画についてのお話を聞くことができます。 1月は蕪村と嵐山、2月は蕪村を中心とした江戸の絵師たちがテーマです。与謝蕪村は俳人として有名ですが、魅力的な多くの絵画も残しています。岡田さんが蕪村など江戸絵画について分かりやすくどんどん掘り下げます。畳ギャラリーでは、ゆったりとくつろぎながら絵画とお話をお楽しみいただけます。お話の後には作品をご自由にご鑑賞ください。

開催日 平成31年1月20日(日)、2月23日(土)
時間 9:00~10:30頃(所要時間 約1時間30分)
会場 嵯峨嵐山文華館
交通:京都駅よりJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車徒歩約14分
嵐電嵐山本線「嵐山」駅下車徒歩約5分
阪急嵐山線「嵐山」駅下車徒歩約13分
内容 絵画鑑賞
企画展内容
◆1月 いまもむかしも胸きゅん嵐山―We Love Arashiyama―
◆2月 SONGS―定家・芭蕉・蕪村・夢二―
学芸課長・岡田秀之さんによる講演
料金 各日 2,000円 (入館料含む)
※1月20日のインターネット予約は終了いたしました。お問い合わせはお電話(075-213-1717)にてお願いいたします。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

京の食文化 佐々木酒造の酒蔵見学と新酒を楽しむ

明治26年(1893)創業、洛中の造り酒屋である「佐々木酒造」において、通常非公開の酒蔵の見学と4代目社長 佐々木晃さんによる日本酒講座と新酒の試飲をお楽しみいただきます。

※日本酒(300ml)1本とお猪口のお土産付
※20歳未満の参加は不可

開催日 平成31年1月26日(土)
時間 1回目 10:30~12:00頃
2回目 13:30~15:00頃 (所要時間 約1時間30分)
会場 佐々木酒造
交通:京都駅より市バス9・50・101系統「堀川丸太町」下車 徒歩約10分
内容 酒蔵見学
日本酒講座と新酒の試飲
料金 各回 3,000円
※予約は終了いたしました。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

旧曼舟邸でのお茶会体験と嵐山よしむらの蕎麦懐石を味わう

嵐山・渡月橋のたもとに位置する「旧曼舟邸」は明治の画家、川村曼舟(かわむらまんしゅう)が画室を構え、北大路魯山人や横山大観ら多くの文化人が集い、交流を深めた由緒ある邸宅です。
その邸宅の茶室を維持している社中達のもと、所蔵のお道具を用いたお茶会を体験していただきます。
昼食はそばの名店「嵐山よしむら」の手打ちそばと自家製の湯豆腐をメインとした参加者限定の蕎麦懐石をお召し上がりいただきます。 「お茶を楽しむ」ことが目的の和やかなお茶会ですので、茶道未経験の方もお気軽にご参加ください。少人数制ですので、ゆっくりとお茶会をお楽しみいただけます。

開催日 平成31年1月26日(土)・27日(日)、2月2日(土)・3日(日)・4日(月)・15日(金)・16日(土)・17日(日)
※4日前までに要予約(参加者が2名未満の場合は不催行となります。)
時間 1回目 11:00~13:00頃
2回目 12:00~14:00頃 (所要時間 約2時間)
会場 嵐山よしむら「旧曼舟邸」
交通:京都駅よりJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車 徒歩約12分
四条大宮より嵐電「嵐山」駅下車 徒歩約3分
河原町・梅田方面より阪急「嵐山駅」下車 徒歩約7分
内容 お茶会体験と蕎麦懐石の昼食(体験に必要なものは会場にてご用意いたします)
料金 各回 7,800円
■1月26日(土)のご予約 →
■2月2日(土)のご予約 →
■2月3日(日)のご予約 →
■2月15日(金)のご予約 →
■2月16日(土)のご予約 →
■2月17日(日)のご予約 →
※1月27日11:00~・12:00~、2月4日11:00~・12:00~、2月16日12:00~のインターネット予約は終了いたしました。お問い合わせはお電話(075-213-1717)にてお願いいたします。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

能楽金剛流特別企画 能楽入門 幽玄の世界を体験 ~金剛流~

楽しみながら世界無形文化遺産の「能」について学び、体験する特別プラン。能楽シテ方 五流宗家の中で唯一京都に在住する能楽金剛流にて、能楽の歴史や能舞台、能面・装束、囃子(はやし)についての解説を聞き、謡(うたい)や仕舞(しまい)の体験等を通して能楽を身近に感じていただきます。体験後の能楽鑑賞では、豪快な動きの中にも華麗・優美さがあり「舞(まい)金剛」とも呼ばれる金剛流の舞台をお楽しみください。

※能楽の解説・体験と能楽鑑賞の間に約50分の休憩がございます。(自由昼食・外出可)
※能楽鑑賞は当プラン参加者以外のお客様と一緒にご鑑賞いただきます。
※能楽鑑賞の1曲目終了時(15:30頃)に当プランは終了いたしますが、ご希望の方は、終了までご鑑賞いただくことも可能です。(17:30頃終了)

開催日 平成31年1月27日(日)、2月24日(日)
時間 1月27日 10:30~15:30頃(所要時間 約5時間)
2月24日 11:00~15:30頃(所要時間 約4時間30分)
会場 金剛能楽堂
交通:京都駅より地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 徒歩約5分
内容 能楽の解説・体験
能楽鑑賞 ※開催日により内容が異なります。
◆1/27 演目
翁【金剛永謹(ひさのり)】他、内外詣(うちともうで)【金剛龍謹(たつのり)】他
◆2/24 演目
箙(えびら)【宇髙竜成(うだかたつしげ)】他、百萬(ひゃくまん)【金剛永謹(ひさのり)】他
料金 各日 4,800円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

観世流能楽師・橋本忠樹×作庭家・植治次期十二代 小川勝章が嵐山の魅力を探る

嵐山は古くから多くの歌枕に詠まれているように桜・新緑・紅葉・雪と四季折々に美しい姿を見せてくれます。
能を通して生まれ育った京都を伝える観世流能楽師(かんぜりゅうのうがくし)・橋本忠樹(はしもとただき)さんと、庭園を通して自然を伝える作庭家・植治(うえじ)次期十二代 小川勝章(おがわかつあき)さんによる嵐山を舞台にしたコラボ企画。世界文化遺産・天龍寺で橋本さんによる嵐山のお話や小川さんによる庭園のお話をお聞きいただきます。またお二人と一緒に嵐山を散策した後、老舗料理旅館「渡月亭」にて橋本さんによる仕舞「嵐山」を鑑賞。昼食は湯豆腐などの京料理をお楽しみいただきます。

※参加者が10名未満の場合は不催行となります。
※歩きやすい靴でお越しください。
※昼食後、渡月亭にて解散となります。

開催日 平成31年2月9日(土)
時間 10:00~13:30頃(所要時間 約3時間30分)
集合場所 天龍寺
交通:京都駅よりJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車徒歩約13分
嵐電(京福電車)嵐山線「嵐山」駅下車すぐ
内容 橋本忠樹さんによる嵐山のお話、仕舞「嵐山」鑑賞
小川勝章さんによる天龍寺の庭園解説及び拝観
嵐山散策
渡月亭にて湯豆腐など京料理の昼食
料金 各回 6,800円
※予約は終了いたしました。お問い合わせはお電話(075-213-1717)にてお願いいたします。

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

旧嵯峨御所大本山大覚寺で平安の香り体験 ~お香(薫物(たきもの))に親しむ~

代々天皇や皇族が住職を務めた「旧嵯峨御所」とも呼ばれる格式高い門跡寺院 大覚寺の通常非公開の書院「庭湖館(ていこかん)」にて、香の歴史をひもとき、部屋に香りをただよわせる「空薫(そらだき)」を体験。香の老舗 松栄堂のスタッフが香の種類の解説を行い、自宅でも手軽に楽しんでいただけるようにご案内します。平安時代に親しまれたお香(薫物(たきもの))の香りをお楽しみください。 (ご使用いただいた練香・火箸・灰・炭などの用具はお持ち帰りいただけます。)

協力:松栄堂

■薫物(たきもの)とは?
現代では「練香(ねりこう)」と呼ばれ、茶の湯の席などで用いられることが多く、その伝来は奈良時代までさかのぼる古典的なお香です。王朝貴族たちが、この薫物の香りを衣服にたきしめたり、室内にくゆらせる様子が『源氏物語』『枕草子』などの王朝文学にたびたび登場します。

開催日 平成31年2月16日(土)・17日(日)
時間 13:00~15:30頃 (所要時間 約2時間30分)
会場 旧嵯峨御所大本山大覚寺
交通:京都駅よりJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車 北口から徒歩約17分
または、市バス28「大覚寺」下車すぐ
内容 空薫(そらだき)体験
寺内参拝(案内付)
お抹茶の接待
料金 各日 5,800円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

朝観光・夜観光転法輪寺 (てんぽうりんじ) 夜の特別拝観 絵解き説法と木魚念仏体験

転法輪寺は通称「関通(かんつう)さん」とも呼ばれる浄土宗寺院で、京都最大級の仏像である本尊・阿弥陀如来坐像「御室(おむろ)大仏」を祀っています。当プランでは、江戸時代の幅3.9m、高さ5.3mの「釈迦大涅槃図(しゃかだいねはんず)」の1枚の絵の中に隠されている様々な物語をご住職に説いていただきます。あわせて、昼とは異なる蝋燭(ろうそく)の灯りに照らされた幻想的な本堂で、木魚(もくぎょ)を叩きながら念仏を唱える体験を行い、参加の皆様の健康を祈願いたします。

開催日 平成31年2月17日(日)・23日(土)、3月16日(土)
時間 17:00~18:30頃(所要時間 約1時間30分)
会場 転法輪寺
交通:京都駅またはJR嵯峨野線「円町」駅より、市バス26系統またはJRバス「御室仁和寺」下車 徒歩約5分
内容 住職による涅槃図絵解(えと)き説法
木魚念仏体験
料金 各日 1,000円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

旧嵯峨御所を味わう、雅なお茶会
~京の老舗洋菓子店 BAIKAL(バイカル)の大覚寺限定オリジナルスイーツ~

京の老舗洋菓子店 BAIKAL(バイカル)のパティシエによる大覚寺限定オリジナルスイーツのお茶会を通常非公開の書院「庭湖館(ていこかん)」にてお楽しみいただきます。大覚寺のイメージである御所の佇まいや勅封心経殿(ちょくふうしんぎょうでん)・大沢池の龍頭舟(りゅうとうせん)などをモンブランタルトやジャンドゥヤ、ボンボンショコラ、レーズンサンド、パートドフリュイといった見た目も美しい洋菓子で表現した大覚寺でしか味わえない雅なお茶会です。大覚寺僧侶による寺内拝観とギャテイ写経もあわせてご体験いただきます。

開催日 平成31年2月22日(金)・23日(土)
※参加者が15名未満の場合は不催行となります。
時間 14:00~16:30頃(所要時間 約2時間30分)
集合場所 旧嵯峨御所大本山大覚寺
交通:京都駅よりJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車 北口から徒歩約17分
または、市バス28「大覚寺」下車すぐ
内容 大覚寺限定オリジナルスイーツのお茶会
寺内拝観(案内付)
ギャテイ写経
料金 各日 6,800円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(10:00~18:00)

 

予約制

あなたも篠笛(しのぶえ)を吹いてみませんか~演奏と初心者のための体験会~

重要文化財 「旧三井家下鴨別邸」のお座敷で、篠笛の演奏を鑑賞し、体験する特別プラン。古くから祭囃子や長唄・歌舞伎囃子に用いられてきた篠笛は、竹に穴をあけただけのシンプルな楽器で、日本の自然の中にある竹と漆で作られています。
講師は、日本の古典楽器である篠笛の普及をめざし、京都を拠点に演奏活動する傍ら、初心者向けの体験会にも力を注ぐ藤舎春生(とうしゃはるお)さん。演奏をお聴きいただいた後、笛の構え方や、音の出し方を経験していただきます。日本人の心を呼び起こす「和の響き」。あなたも感じてみてください。

開催日 平成31年3月24日(日)
時間 1回目 11:00~12:30頃(所要時間 約1時間30分)
2回目 14:00~15:30頃(所要時間 約1時間30分)
会場 重要文化財 旧三井家下鴨別邸 2階座敷(通常非公開エリア)
交通:京都駅より市バス205系統「葵橋西詰」、市バス4・17系統「出町柳駅前」下車 徒歩約5分
内容 日本の古典楽器である篠笛の実演
篠笛体験
料金 各回3,000円
※入館料別途要 大人410円、中高生300円、小学生200円

予約・お問い合わせ
旧三井家下鴨別邸 TEL 075-366-4321(9:00~17:00 水曜休館)

▲トップへ戻る