京都観光6ヶ月
京都観光6ヶ月

4月のイベント

平成30年度 春の特別公開

平成30年春、桜の美しい庭園のある勧修寺、椿で彩られる霊鑑寺、運慶作と伝わる仏像がある東福寺で、通常非公開の文化財の特別公開を実施いたします。

 

詳しくはコチラ https://www.kyokanko.or.jp/haru2018/

 

問合せ先 公益社団法人京都市観光協会(9:00~17:00) TEL:075-213-1717

 

 

勧修寺~氷室の池と桜 平安の美を伝える門跡寺院~

3月24日(土)~4月15日(日)受付:9時~16時

※法要等により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。2018勧修寺画像1-2

 

真言宗山階派の大本山。昌泰3年(900)醍醐天皇が創建された勅願寺であり、皇室や藤原氏の庇護を受け、代々法親王が住職を務めた門跡寺院です。

 

●拝観料 大人600円/小中学生300円

●交通  地下鉄東西線「小野」

霊鑑寺~椿の尼門跡寺院「谷の御所」~

3月24日(土)~4月8日(日)受付:10時~16時霊鑑寺 椿1

※法要等により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。

 

「椿の寺」として知られる霊鑑寺は、承応3年(1654)、後水尾天皇の皇女・多利宮(浄法身院宮宗澄尼)を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院。別名「谷の御所」と呼ばれた格式と清楚な佇まいを今に伝えています。

 

●拝観料 大人600円/小学生300円

●交通  市バス5「真如堂前」

     市バス100「宮ノ前町」

東福寺法堂・光明宝殿~仏師・運慶作と伝わる「多聞天」と東福寺の仏像一挙公開~

4月27日(金)~5月6日(日)受付:10時~16時東福寺光明宝殿 阿弥陀如来坐像(重文)

※法要等により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。

 

紅葉の名所として名高い臨済宗東福寺派大本山。鎌倉時代、摂政・関白であった九條道家が九條家の氏寺として造営し、聖一国師(円爾弁円)を開山に迎え、奈良の名刹・東大寺と興福寺から一文字ずつ取って寺名がつけられました。室町時代には「京都五山」の第四位に列せられ「東福寺の伽藍面」と称されたほどの壮大な伽藍が並んだ禅刹で、今も中世の貴重な禅宗建築が随所に残されています。

 

●拝観料 大人800円/小中学生400円

●交通  JR奈良線「東福寺」、市バス208「東福寺」