京都五山送り火 8月16日午後8時点火
点火の起源
絵はがき・手ぬぐい・一筆箋発売中!
大文字 午後8時点火
妙法 午後8時10分点火
船形 午後8時15分点火
左大文字 午後8時15分点火
鳥居形 午後8時20分点火

京の夏の夜空を彩る風物詩 8月16日 午後8時点火

8月16日夏の夜空をいろどる京都五山送り火。
祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つである。
この送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、それゆえ送り火の代名詞のごとくいわれているが、そのほかに金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、これらが、同夜相前後して点火され、これを京都五山送り火とよんでいる。

京都五山送り火について

「京都五山送り火」とは?送り火マップ 掲載!詳細はこちら→

点火の起源

京都五山送り火は、いつから始まったのだろう? 詳細はこちら→

大文字(午後8時点火)

-東山如意ヶ嶽
 詳細はこちら→

妙法(午後8時5分点火)

妙は松ヶ崎西山-万灯籠山
法は松ヶ崎東山-大黒天山
詳細はこちら→

船形(午後8時10分点火)

-西賀茂船山
詳細はこちら→

左大文字(午後8時15分点火)

-大北山
詳細はこちら→

 

 

鳥居形(午後8時20分点火)

-嵯峨鳥居本曼荼羅山
詳細はこちら→

 

絵はがき・手ぬぐい・扇子 好評発売中!

京都五山送り火協賛会では、五山送り火オリジナル絵はがき・手ぬぐい・扇子を販売しています。 詳細はこちら→