京都市内施設 Googleビジネスプロフィール統計レポート

京都市観光協会では、観光事業者におけるGoogleビジネスプロフィールの活用を支援しております。運営されている施設・店舗がGoogle上でどの程度検索されているかを、各施設・店舗様からご提供いただいた情報をもとに統計化することによって、自施設と業界他社を比較できるようにしています。

  • お申し込みいただいた施設・店舗のアカウントの閲覧権限を当協会に付与していただきます。
    お申し込みについてはこちらのページをご確認ください。
  • 各施設・店舗のGoogle上における被検索数を当協会にて集計し、統計化して毎月報告いたします。
  • 報告結果を自施設の数値と比較し、自己評価にご活用ください。

【お知らせ】
2022年10月分の配信をもって、本ページのデータ更新は当面の間、3カ月に1回とさせていただきます。次回の更新は2023年1月の予定です。

最新の統計値

2022年10月の直接検索数は前年同月から132.7%増加しました。2022年9月は前年同月から125.9%の増加でしたが、10月はこれを上回る結果となりました。
また、間接検索数は前年同月から105.2%増加しました。2022年9月の前年同月比は101.7%の増加でしたが、10月はこれをわずかに上回りました。

今年の10月は、「京都魅力再発見旅プロジェクト」の実施、10月11日から開始した「全国旅行支援」や外国人観光客に対する入国規制の撤廃により、国内外で行楽需要が高まったことから、旅行を計画する人が増えたことで、昨年と比較して直接・間接検索数が増加したと考えられます。

直接検索とは、施設名や住所など、その施設を特定できるキーワードで、施設が検索された回数のことです。これが多いほど、施設名が世間から覚えられていると見なすことができます。

間接検索とは、「近くのホテル」「京都のレストラン」など、ジャンルで検索されて、貴施設が表示された回数のことです。類似の施設と比較されるような場合も含まれることから、貴施設が対象とする顧客の市場規模に比例すると考えられます。

業態 集計
対象
施設数
施設あたり
直接検索数
施設あたり
直接検索数
前年同月
伸率
施設あたり
間接検索数
施設あたり
間接検索数
前年同月
伸率
飲食 48 31,699 56.4% 120,513 113.7%
物販 56 12,155 38.5% 43,834 86.1%
宿泊 18 25,571 91.4% 64,852 72.2%
観光施設 41 300,136 181.9% 138,389 124.6%
体験 11 9,476 ▲4.4% 20,851 29.2%
その他 9 28,551 ▲37.0% 38,100 51.1%
全体 183 83,767 132.7% 85,535 105.2%

 

2022年10月統計値