千年の歴史と伝統が薫る京都に連綿と受け継がれてきた文化や産業。
現代にも息づく、その美意識や手技の世界を、職人や文化人の指導、解説により身近に感じることができる体験メニューを集めました。

※各プランはすべて予約制です。
※各プラン会場への詳しいアクセスは、予約時にご案内いたします。
※料金はプラン1回ご参加の場合の金額です。
※料金はすべて税込みとなります。
 

予約制

築120年の町家で楽しむ つづれ織体験

西陣織のひとつである「爪掻綴織(つめかきつづれおり)」。この技法では、時にはギザギザに削った自らの爪を道具に、細かな柄をひとつひとつ織り込むことが特徴です。今回は、帯に用いられる絹糸を使って、基本的な織り方を体験していただいたのち、帯結びをモチーフにした「ピンブローチ」、または「指輪」に加工してお渡しします。
築120年の町家で営まれる職住一体型の工房見学を通して、「西陣」という地域の歴史と今をお楽しみください。

※作品は、加工のうえ完成後に送付いたします。
※織り機を使用するため、靴下をご用意ください。
開催日 平成30年1月20日(土)、27日(土)、2月3日(土)
時間 14:00~(所要時間 約2時間30分)
会 場 つづれ織工房 おりこと
交通:市バス「堀川寺ノ内」下車徒歩約3分
募集人数 各日6名(最少催行人員2名)
料金 ピンブローチ 4,500円 / 指輪 6,500円(送料別途要)

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(9:00~17:00 12月29日~1月3日は休み)

 

予約制

花背(はなせ)の自然を感じる藁(わら)細工~シバクサのアートフレーム作り~

左京区の山里"花背(はなせ)"からあなたへ。古くから生活必需品として編み出され、日本人にとって身近な藁細工。現在はその文化が失われつつあります。稲藁同様、花背で親しまれている「シバクサ」と呼ばれる野草を素材に、本来の日本人の手仕事を体験し、藁細工の造形美や自然の香り、温もりを感じてみませんか。インテリアとしてのWARAフレームに、京都の旅の思い出の写真やアートカード・ドライフラワー等を自由に飾ります。シバクサの香りや色の経年変化と共に、四季折々楽しんでいただけます。

開催日 平成30年2月17日(土)・24日(土)
時間 14:00~(所要時間 約2時間30分)
会場 COS KYOTO
交通:市バス「千本鞍馬口」下車徒歩約2分
募集人数 各日6名(最少催行人員2名)
料金 3,800円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(9:00~17:00 12月29日~1月3日は休み)

 

予約制

つまみ細工で作る 花のコサージュ

正方形の小さな布を折り、草花などを表現する手芸技法・つまみ細工。江戸時代から続く伝統的な細工で、舞妓さんの花かんざしにも使われています。
体験ではちりめんや古布など色とりどりの生地を選び、花びらを二重に重ねた当プラン特別デザインの華やかなお花のコサージュを制作します。作品は髪飾りやブローチなど幅広く使用でき、着物での散策にもぴったりです。
日本独特の季節感や美意識が凝縮されたつまみ細工の魅力をお楽しみください。

 
開催日 平成30年1月14日(日)・28日(日)、2月11日(日)・25日(日)、3月11日(日)・18日(日)
時間 10:00~(所要時間 約2時間)
会場 京つまみ細工体験処 ゆるり工房凸凹(でこぼこあん)庵
交通:市バス「浄土寺」下車徒歩約3分
募集人数 各日10名(最少催行人員1名)
料金 3,800円

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(9:00~17:00 12月29日~1月3日は休み)

 

予約制

「幻の染め」を今に伝える若手職人が教える 辻が花の風呂敷づくり

安土桃山時代に隆盛し、絢爛豪華な着物の代名詞となった[辻が花(つじがはな)]は、現存資料が少なく「幻の染め」とも呼ばれています。絵絞庵(えしぼりあん)は、辻が花を現代に甦らせた福村廣利(ふくむらひろとし)とその息子、健(たけし)が制作をおこなう染工房。[絞り染め]の技法を基調に、描き絵などを施すことで鮮やかな色彩と絵画的な模様を表現します。当プランでは、綿風呂敷に様々な絞り技法を用いて、世界で一つだけの辻が花の風呂敷を制作します。美しい水に恵まれた洛北の地で、職人さんが実際にお仕事をされているその場所で、直接指導いただきながら、京都のお土産を作ってみてはいかがでしょう。

協力:京都伝統産業ふれあい館

開催日 平成30年1月17日(水)・20日(土)・24日(水)・27日(土)・31日(水)、2月3日(土)・7日(水)・10日(土)・17日(土)・24日(土)
時間 13:00~ (所要時間 約4時間)
会場 辻が花染め工房絵絞庵
交通:叡山電鉄「三宅八幡」下車徒歩約2分、もしくは、京都バス「三宅八幡」下車 徒歩約1分
募集人数 各日6名(最少催行人員1名)
料金 7,800円(出来上がり75㎝×75㎝)

予約・お問い合わせ
京都市観光協会 TEL 075-213-1717(9:00~17:00 12月29日~1月3日は休み)

 

予約制

「お茶の淹れ方体験」/ お茶会体験

日本茶インストラクターなどの指導で、ご家庭でできる抹茶の点(た)て方やお茶の淹(い)れ方を実際に体験したり、裏千家准教授の先生にお茶会での作法を教わります。季節感あふれる和菓子と一緒に、お茶を楽しみませんか。

開催日時

「抹茶の点て方」

平成30年1月16日(火)、2月6日(火)、3月6日(火)
時間:10:00~11:30

「玉露の淹れ方」

平成30年1月23日(火)、2月13日(火)、3月13日(火)
時間:10:00~11:30

「煎茶の淹れ方」

平成30年1月30日(火)、2月20日(火)、3月20日(火)
時間:10:00~11:30

「お茶会体験」

平成30年1月18日(木)・27日(土)、2月8日(木)・24日(土)、3月8日(木)・24日(土)
時間:10:00~11:00

「お抹茶を点ててみよう」

朝の部:平成30年1月13日(土)、2月3日(土)、3月3日(土)
時間:10:00~11:00

夜の部:平成30年1月25日(木)、2月22日(木)、3月15日(木)
時間:19:00~20:00

会場 ギャラリーカフェ京都茶寮(京都駅ビル2階)
募集人数 「抹茶の点て方」「玉露・煎茶の淹れ方」 各日4~6名(最少催行人数4名)
「お茶会体験」 各日2~4名(最少催行人員2名)
「お抹茶を点ててみよう」 各日1~4名(最少催行人員1名)
料金 「抹茶の点て方」「煎茶の淹れ方」各日 3,600円 ※お土産付
「玉露の淹れ方」各日 4,100円 ※お土産付
「お茶会体験」各日 2,600円
「お抹茶を点ててみよう」各日 2,000円

予約・お問い合わせ
ギャラリーカフェ京都茶寮
電話 075-342-2170(10:00~19:00)
※開催日の3日前までにご予約ください。

工芸制作や寺社体験など、多数の体験プランをご紹介しています。
「京のたしなみ帖」ホームページ(運営:京都「千年の心得」推進協議会)

PC   http://www.tashinami.com/
ケータイ http://www.tashinami.com/mb/

▲トップへ戻る