京都市海外情報拠点レポート(2019年2月~3月分)

UPDATE :
2019. 05. 24
CATEGORY :
海外レポート

SUMMARY

京都市観光協会及び京都文化交流コンベンションビューローでは、世界11都市において、京都市海外情報拠点を運営しています(2019年4月からは14都市に拡充)。このたび、2019年2月・3月の拠点レポートを公開いたしましたので、お知らせします。各拠点の詳細情報は、画面下部からレポートをダウンロードしてご覧いただけます。

--ニューヨーク-- 報告トピック

・ニューヨークタイムズトラベルショーによれば、2019年には、孫と祖父母だけの旅行など、家族旅行が増加する見込み。
・海外旅行の増加は鈍るものの、国内のビジネス旅行は伸びることが期待されている。(旅行業界向け情報サイト「Skift」より)

--ロンドン-- 報告トピック

・欧米の富裕層向け旅行誌「トラベル・アンド・レジャー」が、ホームウェアホテル、一棟貸し施設に滞在するグループ旅行など2019年の旅行トレンド概観を発表。
・2019年に最も注目すべきトレンドは、超短期旅行。多くの旅行者が週末の休暇に旅行に出かけるとみられ、旅行先リストでは、ヨーロッパ各所に加え東京も提案されている。(イギリスの雑誌「Country & Town House」より)

--パリ-- 報告トピック

・フランスにおける民泊の規制法「Elan法」(2018年末成立)に基づき、パリ市は違法住居1000件を告発した。
・フランスにおいて失業率が低下し、約10年ぶりに9%を下回った。

--フランクフルト-- 報告トピック

・欧州議会では欧州議会議長が、世界旅行観光評議会(WTTC)会長とツーリズム・レガシー・ペーパーに共同署名。観光産業へ全面的支援すると述べた。(旅行業界向けメディア「eTN」より)
・ドイツの旅行業界では依然として従来の旅行会社がおもな供給元であったものの、2018年はOTAがその売り上げを順調に伸ばした。(旅行業界向けメディア「fvw」より)

--シドニー-- 報告トピック

・オーストラリアの旅行会社「Wendy Wu」によれば、ニュージーランドでは、旅行先として日本の需要は依然として伸びている。
・オーストラリア統計局によれば、2018年のオーストラリアからの出入国数は2017年から5パーセント増加し4210万件。(旅行業界向けWEBメディア「Travel Daily」より)

--上海-- 報告トピック

・桜シーズンを前に、中国のSNS上ではさまざな桜に関する情報が見受けられるようになった。桜の開花情報や、各地の人気花見ポイント、桜の品種ごとに分けられた花見エリアなど、中国の方の花見に対する関心が伺える。
・3月3日に墜落したエチオピア航空で中国籍の乗客が3名乗り合わせており、中国の航空会社ではボーイング社の同じ型の飛行機を運航中止にするなど、中国国内では飛行機に関しての報道が連日見られた。

--台北-- 報告トピック

・訪日台湾人数が年々着実に伸び、個人旅行の数も増大する流れを受けて、手配旅行や受注型企画旅行などの旅行形態が多くみられるようになる予測。
・2018台湾からの出国先として日本は1位。台湾からのアウトバウンド全般において、近年、歴史や絶景巡りのほか、スポーツブームにマラソン、サイクリング、自動車競技、キャンプなどの野外運動を加えたテーマ旅行が若年層に人気の傾向。

 

--香港-- 報告トピック

・出版大手「KADOKAWA(カドカワ)」、日本航空(JAL)など4社は2月22日、香港からの訪日観光客に向けたアニメツーリズムの旅行商品を共同で販売すると発表(アジア経済情報メディア「NNA」より)
・民泊仲介サービス「Airbnb」は、2019年香港人の旧正月海外旅行に関する統計を発表した。日本は第一位で、13,000人の香港人が日本のAirbnbを予約した。(中国の新聞「明報」より)

--ソウル-- 報告トピック

・京都の旅館についての検索数が相対的に増加し、関心の高まりがみられる。
・検索エンジン「NAVER」の京都の旅行ガイドでは、京都駅、嵐山等に加え、今回銀閣寺が新たにランクイン。

--クアラルンプール-- 報告トピック

・日本でのショッピングでマレーシア人が最も購入するのは食品、最も重視するのは価格で、商品情報は日本の観光ウェブサイトから入手。(「Fun Japan!」より)
・2018年5月のマハティール新政権発足後、日本企業によるマレーシアへの投資が増加。

--ドバイ-- 報告トピック

・5か年計画で経営立て直しを図っているエティハド航空の2018年損失額は前年比-16%。
・エミレーツ航空が数多く保有するエアバスの大型機A380(総2階建て)が生産終了に。

 

本レポートの関連事業