平成27年 4月 下鴨神社
平成27年10月 上賀茂神社

下鴨神社について

下鴨神社の歴史

正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といい、世界文化遺産に指定されています。
ご祭神は、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、玉依媛命(たまよりひめのみこと)。玉依媛命が上賀茂神社のご祭神賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を産んだことから「賀茂御祖(かもみおや)」と呼ばれており、摂社の御蔭(みかげ)神社は神の降臨地とされています。
平安期以前の創祀で京都最古の社の一つ。古代豪族賀茂氏の氏神を祭り、山城一の宮と崇められました。
また、本殿から南へ12ヘクタールにおよぶ「糺(ただす)の森」は原生林で、国の史跡に指定されています。

主な年中行事

  • 日程
  • 行事名
  • 概要
1月4日
蹴鞠(けまり)初め
古くから宮中に伝わる伝統行事「蹴鞠」が奉納され、一般に公開されます。
1月15日
御粥祭
野菜果物や小豆粥・大豆粥をお供えし、五穀豊穣、国家国民の安泰を祈願します。参拝者の方におかゆが接待されます。
2月3日
節分祭
舞殿から東西に弓矢を放ち厄除け祈願をする追儺弓(ついなゆみ)神事や、豆まき、御真木(みまき)を積み上げて燃やす御真木神事などが行われます。
3月3日
流し雛
桟俵(さんだわら)に乗せたひな人形をみたらし川に流し、子どもたちの無病息災を祈る神事です。
5月3日
流鏑馬(やぶさめ)神事葵祭の神事
疾走する馬上から的をめがけて矢を射る神事です。
5月4日
斎王代御禊の儀葵祭の神事
斎王代以下女人列に参加する女性が身を清める神事で、毎年上賀茂神社と交代で行われます。
5月5日
歩射(ぶしゃ)神事葵祭の神事
弓矢をもって葵祭の沿道を清める神事です。
5月12日
御蔭(みかげ)祭葵祭の神事
御蔭山からご神霊をお迎えする神事です。
5月15日
葵祭葵祭の神事
京都三大祭のひとつ。千四百年ほど前、凶作に見舞われて飢饉疫病が蔓延したときに欽明天皇が「鴨の神」の祭礼を行ったのが起源とされています。
→葵祭について
7月土用の丑の日
御手洗(みたらし)祭
みたらしの池に足をひたし、罪・穢れを祓い、無病息災を祈ります。
8月立秋前夜
夏越(なごし)神事
罪・穢れを託された人形(ひとがた)をみたらしの池に流すお祓いの神事です。
9月中秋の名月
名月管弦祭
中秋の名月の日に橋殿を舞台に行われる神事で、 古式ゆかしい舞楽や十二単衣の平安貴族舞などが奉納されます。
10月9日
えと祈願祭
五穀豊穣と商売繁盛を感謝する大国さまの秋祭りで、祭典及び模擬店や福引き、舞楽の奉納などが行われます。
11月28日
お火焚祭
収穫感謝の祭。火を焚いて大地を温め春の息吹を祈ります。

▲ページトップへ戻る