ターゲット顧客

ビジョンの達成につながる観光客像を「無形資産に価値を見出し、新しい体験に投資し、成長を楽しむことを重視する人」と定義し、従来のデモグラフィックに基づいたターゲティングに加えて、京都に対する理解度の高さを評価軸に加えたターゲティングを行う。

この条件に該当すると考えられる人へのインタビュー調査や、国内外の主要市場を対象としたWEBアンケート調査を令和元年度に実施。結果をもとに5つの顧客像を設定し、これを意識したコンテンツの造成や情報発信を行う。