インバウンド誘客

京都市認定通訳ガイドの育成

京都観光の専門知識を身に付け、外国語で京都の奥深い魅力を伝えることができる京都市認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」(英語・中国語・フランス語・スペイン語)の育成・認定に取組み、ガイドツアーの開催や検索サイト「クレマチス」等を通じた事業者とのマッチングを通して、活躍を支援する。

また、京都市認定通訳ガイド制度の研修をすべて修了し認定を行った通訳ガイドのサービス品質維持・向上を目的として、より実践的なガイディングスキルや具体的な専門知識を学べるスキルアップ研修を実施している。

(テーマ例)
「花街まちあるき研修」「料亭での食文化研修」「通訳案内士に学ぶガイディング研修」
「とっておきの京都プロジェクトと連携した研修(京北、大津、宇治)」「禅を学ぶ」など

平安神宮でのガイディング研修

ガイドツアーの開発

京都文化への理解促進を通じた外国人観光客の満足度向上、更には、消費拡大、観光分散化の促進等の観光課題解決を図るべく、京都遺産や伝統産業、文化資源等と観光を結びつける英語ガイドツアーを京都市認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」等を活用して造成・運用した。

京都市ビジターズホスト等によるガイドツアー運用
京都迎賓館、二条城(日本語・英語)、京都御所界隈、古川町商店街界隈、祇園界隈等
延べ参加数:約9、000人

京都市ビジターズホストが関連するガイドツアーを取りまとめたリーフレット

また、観光庁が主導する「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」と連携し、政策的にも重要と思われる地域にて、専門家人材による観光資源の多言語整備を実施し、その成果物を活用して、東山七条地域のガイドツアーの造成や東山七条地域の街歩きを促進するウェブサイトの作成等を行った。

作成した英語解説文を利用した該当地域の街歩き観光を促進するWEBサイト

三大祭観覧席英語ガイド席の開発

京都三大祭である「葵祭」「祇園祭」「時代祭」において、当協会で長年実施してきた有料観覧席事業において、外国人向けの通訳ガイドによる解説を行う座席の開発に取組み、民間事業者と連携して販売を行っている。

レストランスペシャル等による食文化の発信

京の食文化の普及促進、閑散期対策、国内外の観光客に気軽に京の味覚を堪能していただくため、平成22(2010)年からレストランウインタースペシャルを開催している。令和元年度は、初となる夏季に開催し、老舗から新進気鋭まで人気飲食店が、特別感のあるメニュー構成と分かりやすい価格で特別メニューを提供し、WEBサイトの英語化や、当協会が運営している観光案内所に併設されている「ぐるなび情報ラウンジ」と連携した外国人向けの情報発信を強化している。

ラグビーキャンペーン

ラグビーワールドカップ観戦等を機に訪日する外国人観光客の京都への来訪促進に向け、「Kyoto City Official Travel Guide」に特設ページを設置し、情報発信を行うとともに市内の飲食店等でのキャンペーンや期間限定の体験型メニューの提供などを実施し、観光客の満足度の向上、観光消費の拡大を図った。

  • 期間限定体験メニュー(9本)を実施
  • 市内飲食店等を中心とした外国人観光客への特典の付与等
  • 参加店舗数:484店(飲食店448店、免税店36店)
  • 市内中心部のみならず、周遊を促進する取組(モデルコース5本作成)
  • 本キャンペーンの周知(特設サイト、ポスター、チラシ等の作成)