統計データ・京都市観光協会

京都市内 外国人宿泊状況調査

調査の概要

外国人宿泊状況をタイムリーに把握できるよう、平成26年(2014年)4月以降、京都市内の主なホテルの協力を得て、国・地域別の調査を毎月実施し,京都市観光協会および京都文化交流コンベンションビューローの連名で発表しております。 調査結果をオープンにすることで、宿泊関係だけでなく観光に関わる事業者も、販売計画やPR戦略などのマーケティングにご活用いただけます。

調査の対象

  • 市内ホテル36施設 9,364室(平成29年7月現在) 客室ベースで約4割をカバー
  • 本調査における外国人は、日本国籍以外のパスポートを有する人で、ビジネス、観光などの目的は問いません。

分析データ

月別,国・地域別に以下の数値を集計。拡大推計は行っていません。

  • 実宿泊人数
  • 延べ宿泊客数
  • 延べ稼働部屋数

上記のデータをもとに集計する値。

  • 客室稼働率
  • 外国人利用割合(延べ稼働部屋数ベース)
  • 国別構成比

その他参考データとして,以下に挙げる項目を掲載しております。

  • 掲載データ
  • 出典
主要都市別の客室収益指数(RevPAR)および客室稼働率
STR社
京都旅行に影響すると考えられる主な国際航空路線の増減
本邦航空会社プレスリリースおよび関西エアポート新規就航情報をもとに作成
為替レートの推移
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 外国為替相場
居住国・地域別の訪日宿泊先ランキング
居住国・地域別の京都市内宿泊者の予約週分布
経済産業省「観光予報プラットフォーム」

調査結果

2017年

2016年

2015年

2014年

Excelでのデータ提供につきましては,下記までお問合わせください。

このデータに関する問合せ先

公益社団法人京都市観光協会
企画推進部 堀江      TEL:075-213-1212,
国際誘客推進部 水上、桑田 TEL:075-213-0070

▲トップへ戻る