「Kyoto Sustainable Tourism」コンセプトとロゴマークの作成について ~持続可能な京都観光の実現に向けて~

次の1000年を共に紡ぎましょう

UPDATE :
2021. 11. 18
CATEGORY :
お知らせ

京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)では、持続可能な観光をこれまで以上に進めていくために、令和2年11月に京都観光行動基準(京都観光モラル)を策定し、京都観光に関わる事業者の皆様や観光客に対し、その思いを共有するための周知・啓発を行ってまいりました。

また、京都市観光協会(DMO KYOTO)では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により落ち込んだ観光需要の早期回復をはかるとともに、持続可能な京都観光を目指すためには、未来の環境や社会への影響を考慮した観光スタイルを目指すサステナブルツーリズムや、「心の健康」と「観光」を組み合わせたWell-beingツーリズムが非常に重要であると考えています。

新型コロナウイルスの感染拡大により、人や社会との接点の減少による孤独感や、会食や帰省、旅行などの自粛によるストレスを抱える方々が増加しています。ワクチン接種が進み、域内観光促進事業の開始など観光復活に向けての動きが見え始める中、今後の観光資源開発や商品開発に関わるコンセプトとして、「Kyoto Sustainable Tourism」を別紙のとおり作成いたしました。

また、このコンセプトにご賛同いただいた事業者の皆様が、持続可能な京都観光実現に資する事業や商品を広報する際にお使いいただけるロゴマークも作成いたしましたのでお知らせいたします。

京都観光に携わる皆様にロゴマークを広くご使用いただくことを通じて、サステナブルツーリズムのコンセプトをより多くの方に知っていただき、次の1000年も京都が京都であり続けるための機運醸成につなげてまいります。

1 使用開始日

令和3年11月18日(木)14時から

2 使用対象

「Kyoto Sustainable Tourism」コンセプトにご賛同いただいた事業者が実施する事業や開発するコンテンツ、商品のうち、持続可能な京都観光実現につながるものの広報(ホームページ、SNS、ポスター、パンフレット等)

3 使用手続き

以下のフォームから申請のうえ、ダウンロードください。
※PDFデータでご用意しております。

4 使用条件

(1)ロゴマークの権限は、京都市観光協会に属します。使用者はロゴマークを自己のものとして使用することはできません。

(2)京都市観光協会は、利用規約に反していると判断した場合は、ロゴマークの使用の禁止又は使用物件の回収を求めることがあります。

5 問合せ先

公益社団法人京都市観光協会
担当:嵯峨・櫻井
℡075-213-0070(平日午前9時~午後5時)
Mail:entry1213@kyokanko.or.jp

FILE DOWNLOAD

資料はコチラからダウンロードください。

本ニュースの関連事業