KTA Research Report

京都市の観光産業の「今」をデータ&コラムで解説

LATEST

最新記事

UPDATE :
2021. 05. 27
CATEGORY :
データ月報

日本人延べ宿泊数は前年同月からは大きく増加となるも、コロナ禍前(前々年同月)を下回る状況が続く

-38.4%

10.4pts

客室稼働率も前年同月からは上昇したものの、前月からは下落し、依然として低い水準が続いている

20.6%

10.9pts

客室収益指数は、客室稼働率の低下にともなって前月から下落

2,584

38. 2%

行こう指数(京都観光訪問意向指数)

53.1 

23.3pts

市内地点別の来街者指数(ビッグデータによる日帰客も含めた動向分析)

60.8

18.4pts