京都国際観光レストラン協会について

組織情報と沿革

京都国際観光レストラン協会は、国内外の観光客を対象とする料理飲食業者の発展を図るとともに、国際観光事業の振興に寄与することを目的に、前回の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機として、昭和38年(1963)、京都市によって設立され、令和5年(2023)に設立60周年を迎えます。

情報発信や関係団体との連携強化のため、平成31年(2019)からは、DMO法人として京都における観光政策の中核的な役割を担う(公社)京都市観光協会に事務局機能を移管しました。

今後も、千年の都、京都の長い歴史の中で培われた食文化を活かし、国際文化観光都市としての持続的な成長と魅力向上に向け、活動してまいります。

名称 京都国際観光レストラン協会
会長(代表者) 荒木 稔雄(魚三楼)
設立年月日 昭和38年(1963)5月1日
所在地 京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町427 京都朝日会館3階
公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)内
会員数 京都市内等にある83店舗(一覧はこちらから)

沿革

昭和38年(1963) 京都国際観光レストラン協会が設立
平成22年(2010) 京都レストランウィンタースペシャル」を初開催。
以降、毎年開催。
平成31年・令和元年(2019) 京都レストランサマースペシャル」を初開催。
事務局が京都市観光MICE推進室から(公社)京都市観光協会(DMO KYOTO)に移管

問合せ先

京都国際観光レストラン協会事務局

TEL 075-213-0070