KTA Research Report

京都市の観光産業の「今」をデータ&コラムで解説

LATEST

最新記事

UPDATE :
2024. 02. 05
CATEGORY :
データ月報

稼働率は76.7%となり、コロナ禍以後、初めて2019年同月の水準を上回った

76.7%

0.6pts

2019年同月差

日本人延べ宿泊数は、前年から減少も、2か月ぶりに2019年同月の水準を上回った

430,745

2.8%

2019年同月比

客室稼働率は68.0%となり、4か月連続で2019年当時の水準を上回った

68.0

5.1pts

2019年同月差

3月下旬の桜の開花シーズンやイースター休暇の予約は増えつつあり、円安を背景に欧米系の訪日客を中心とした一定の需要が期待

55.1%

2019年同月比