KTA Research Report

京都市の観光産業の「今」をデータ&コラムで解説

LATEST

最新記事

UPDATE :
2022. 07. 28
CATEGORY :
データ月報

6月の客室稼働率は51.0%となり、4か月連続で前月から上昇し、堅調に回復している

51.0%

29.8pts

2019年同月差

6月の日本人延べ宿泊数の2019年同月比は、コロナ禍以前からの対象施設のみで比較すると24.0%増

+24.0% 

26.4pts

前月差

6月の旅館の客室稼働率は62.2%となり、2か月連続で60%を超える高い水準となった

62.2%

7.7pts

2019年同月差

7月以降の稼働率は、祇園祭や送り火などの行事により上昇する見込みではあるが、感染拡大による不透明さも