~宿泊事業者のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速~
京都市観光協会主催「Googleトラベルプロダクト対応セミナー」開催のご案内

UPDATE :
2021. 05. 18

Ⅰ.タイトル

~宿泊事業者のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速~
京都市観光協会主催「Googleトラベルプロダクト対応セミナー」

Ⅱ.開催日時・場所

開催日時:令和3年6月8日(火) 14:00-15:15 (オンライン開始13:45予定)

開催方法:オンラインセミナー (会場施設のご用意はございません)

Ⅲ.概要

公益社団法人 京都市観光協会(DMO KYOTO)では、ウィズコロナ時代により求められるようになった観光事業者のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するために、宿泊事業者に向けた「Googleトラベルプロダクト対応セミナー」を開催いたします。

本セミナーでは、Googleトラベルの担当者を講師に迎え、本年3月にリリースされましたGoogleトラベルの宿泊施設向け無償枠の商品紹介を中心に、京都観光の概況や観光におけるGoogle対応の重要性などを解説する予定です。また当協会会員事業者に向けた参加特典もご用意しております。

なお、Googleトラベルプロダクトについて、DMO(観光地域づくり法人)や自治体がセミナーを主催するのは日本初の取り組みです。

Ⅳ.参加について

参加対象: 観光事業者(宿泊事業者以外の方もご参加いただけます。)
*観光事業者以外の方やGoogleの競合企業に当たる方など、
当協会がふさわしくないと判断した場合、参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
参加料金: 無料
定員: 200名【先着順】(定員に達した時点で締切)
申込方法: 京都市観光協会の会員のみ先行して申し込みが可能です。
・先行申込(5月18日14時~5月24日14時まで)
京都市観光協会会員専用 申込受付フォーム
URL: https://form.run/@google-kaiin 

・一般申込(5月24日14時~6月4日16時まで)
一般申込受付フォーム
URL: https://form.run/@google-ippan

 

登録いただいた方にはセミナー前日までに視聴URLをメールにてご案内いたします。

注意: メディアの方は事前にご取材申し込みをお願いいたします。
一部、非公開とさせていただいております。

Ⅴ.セミナー内容

1)コロナ禍で変化した観光の動態について

2)京都市の観光概況

3)Googleトラベルプロダクト紹介

4)京都市観光協会会員向け特典について

5)質疑応答

※セミナーの内容は予告なく変更する場合がございます。

本オンラインセミナー講師

森 美月 グーグル合同会社 ストラテジックパートナーデベロップメントマネージャ、トラベル

堀江 卓矢 公益社団法人京都市観光協会 マーケティング課 DMO企画・マーケティング専門官

Ⅵ.問合せ

公益社団法人京都市観光協会 担当:小笠原、櫻井、紙谷
TEL:075-213-0070
E-mail:entry1213@kyokanko.or.jp

参考)Googleトラベルについて

Googleトラベルとは、2019年5月から開始された旅行先についての情報収集、ホテルや航空券の比較、予約までを一貫して行うことができるサービスです。Googleでは、2021年3月に、世界中のホテルおよび旅行会社に向けて、Googleトラベル上でのホテル検索結果のリンク掲載を無料で提供すると発表しました。それにより、旅行者は、宿泊施設の公式サイトからOTA(宿泊予約サイト)に至るまで、リアルタイム価格や空室状況の情報をGoogleトラベルで取得することが可能になりました。

FILE DOWNLOAD

案内チラシはコチラからダウンロードください。

本ニュースの関連事業