不審なメール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起

UPDATE :
2019. 11. 25
CATEGORY :
お知らせ

この度、当協会の職員のパソコンがウイルスに感染したことにより、令和元年11月25日頃から当協会の職員を装った不審なメールが複数の方に送信されるという事実を確認いたしました。

メールを受信された皆さまには多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 

【現在確認されている不審メールの一例】

  • メール送信者の表示名と送信元アドレスに相違がある。(当協会職員の名前が表示されていますが、送信元のメールアドレスは、当協会職員のアドレス(XXX@kyokanko.or.jp)とは全く異なるものとなっております。)
  • 以前に当協会職員に送信いただいたメールへの返信メールとして送信されていますが、前後のメールとのつながりがない。
  • 添付ファイルの名前が、6桁程度の数字の羅列+日付(2019XXXX)のWordファイルが添付されている。

 

不審なメールは当協会職員が送信したものではありません。

 

受信された際は、添付ファイルの開封を行わず、メールごと削除していただくようお願いいたします。

万が一、皆さまのパソコンで当協会職員を装った不審なメールの添付ファイルを開封された場合、お手数ではございますが、直ちに御使用中のパソコンからLANケーブルを抜き、御社のセキュリティ管理者にご報告いただくなど、必要な措置を講じていただきますようお願いいたします。

 

当協会におきましては、引き続き情報セキュリティ対策を強化してまいりますので、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

<2019.11.29更新>