データ活用に課題を持つ観光事業者を対象としたウェビナー「宿泊データから読み解く京都観光のこれから」の開催について

UPDATE :
2022. 06. 28

公益社団法人 京都市観光協会(DMO KYOTO)では、毎月京都市内における日本人および外国人の宿泊状況等をタイムリーに把握できるよう、全国で唯一の取組みとしてデータ月報を発表しております。
このたび、このデータ月報をより多くの観光事業者に知って頂き、経営に活用していただくことを目的としたウェビナー「宿泊データから読み解く京都観光のこれから」を開催いたします。
本ウェビナーでは、主に宿泊施設を対象に、データ月報への参加方法や活用方法を詳しく解説するだけでなく、これからの京都観光について宿泊データから読み解けることをご紹介します。
また、STRの櫻井氏を講師に迎え、刻一刻と変化する「世界の宿泊市場の最新動向について」ご講義いただくとともに、京都市観光協会アドバイザーの清水(元JNTO香港事務所上席次長)より訪日ツアー規制緩和後の入国者の動向についてについてお話いたします。

1 ウェビナー名

「宿泊データから読み解く京都観光のこれから」

2 開催日時

令和4年8月3日(水)14時〜15時(オンライン開始13時45分予定)

 

3 定員

500名

4 参加料金

無料

5 開催方法

オンライン(会場施設のご用意はございません)
※前日までに視聴URLをメールにてご案内いたします。

6 申込方法

申込受付フォーム(URL:https://form.run/@data-webinar)よりお申込ください
受付期間:6月28日(火)14時〜8月1日(月)14時
※定員に達した時点で締切といたします

※募集終了いたしました

 

7 参加対象

観光事業者
※宿泊事業者以外の方もご参加いただけます。
※メディアの方は事前にご取材申込をお願いいたします。一部、非公開とさせていただいております。
※観光事業者以外の方や当協会がふさわしくないと判断した方は、参加をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。

8 ウェビナー内容

1)データ月報の解説と参加のご案内 (京都市観光協会 堀江)
2)世界の宿泊市場の最新動向について(仮) (STR櫻井氏)
3)訪日ツアー規制緩和後の入国者の動向について(京都市観光協会 清水)
4)ホテル統計システムのリニューアルについて (京都市観光協会 堀江)
※セミナーの内容は予告なく変更する場合がございます。

9 講師プロフィール

STR ビジネスデベロップメントマネージャー日本地区   櫻井 詩織 氏

公益社団法人京都市観光協会 DMO・マーケティング専門官 堀江 卓矢

公益社団法人京都市観光協会 アドバイザー 清水泰正

公益社団法人京都市観光協会
担当:濵端、紙谷
TEL:075-213-0070
E-mail:marketing@kyokanko.or.jp

FILE DOWNLOAD

案内チラシ

コチラからダウンロードください。

本ニュースの関連事業