花灯路・ライトアップ支援事業の実施及び 「アフターコロナを見据えた京都観光誘客セミナー」の開催について

ー京都の夜観光に灯りを添えてー
「京都・花灯路」の行灯と名称をお貸しします。

UPDATE :
2022. 08. 18
CATEGORY :
お知らせ , セミナー

京都・花灯路推進協議会では、昨年度で終了した、東山花灯路、嵐山花灯路で使用していた行灯等を貸し出す「花灯路・ライトアップ支援事業」を実施しています。
この度、当行灯を活用した民間等のライトアップイベントを支援・促進するため、事業者向けに「アフターコロナを見据えた京都観光誘客セミナー」を開催しますので、お知らせします。

1 花灯路・ライトアップ支援事業について

⑴ 行灯等の貸出

ア 貸出物品
露地行灯をはじめ、スポットライトや設置に必要なケーブルや分電盤等。

イ 貸出期間
原則20日以内、ただし必要と認められる場合は最大50日を上限とする。

ウ 貸出要件
団体やグループ、企業等が期間を定めて実施する下記事業に対して貸出しを行う。
(ア) 京都の観光振興に資する事業
(イ) 京都の地域振興に資する事業
(ウ) その他協議会が認める事業

エ 貸出費用
照明器具等の貸出しは有償とし、下記(ア)・(イ)の料金の合計金額とする。
(ア) 基本料 33,000円
(イ) 使用料 貸出物品ごとに、貸出期間に応じて積算される金額

オ 貸出費用の割引制度
次の条件により、貸出費用の合計金額から割引を行う。
(ア) 初めて貸出しを受ける団体:20%
(イ) 貸出しを受ける事業の実施期間の全てが、12月1日~2月末日に含まれる:5%
(ウ) 貸出し基数の合計が100基以上:5%

詳細チラシはこちら

⑵ 「花灯路」の名称使用の許可

ア 貸出内容及び要件
次の要件を全て満たすイベント等に対し、商標登録をしている「花灯路」の名称の使用を許可する。
(ア) 花を使用している(花をテーマにしたイベントや、花をモチーフにした展示品等を含む)
(イ) 花灯路推進協議会が所有する行灯をメインで使用している(少なくとも100基以上の行灯を使用)
(ウ) 屋外で散策を楽しむイベントである
(エ) 町並み、文化、伝統産業など京都らしさを採り入れている
(オ) 参加者を限定しない
(カ) 事業名に開催地域の名称が入っている
(キ) 開催について、地域の理解を得ている

イ 使用料
イベント等の1回の開催につき、30,000円

⑶ 申請方法

下記URLから御申請ください。
【花灯路・ライトアップ支援事業ホームページ】https://hanatouro.kyoto.travel/

2 「アフターコロナを見据えた京都観光誘客セミナー」の開催について

⑴ 開催日時

令和4年9月9日(金) 午前11時~(約1時間)

⑵ 受講形式

Web(オンライン)セミナー

⑶ 内容

ア 議題
「アフターコロナに求められる京都観光とその具体策について」(仮)

講師
・嵯峨美術大学 小畑博正氏
・株式会社らくたび 山村純也氏
・株式会社ネイキッド 松橋奈津美氏

イ 花灯路行灯を活用したイベントの事例や申請方法等の紹介

ウ 質疑応答

⑷ 参加料

無料(事前登録制)

⑸ 対象

ホテル・旅館・観光施設等の観光事業者、寺院・神社、地域団体など

⑹ 申込方法・申込期限

セミナー参加希望者は、9月6日(火)までに、下記「京都・花灯路推進協議会事務局」にメールにてお申込み下さい。折り返し、参加のためのURLをお送りいたします。

MAIL:mail@hanatouro.com

※セミナーの受付は終了しました

3 問い合わせ先 

京都・花灯路推進協議会事務局 (日本旅行 京都四条支店内)

TEL:075-212-8173(平日9時〜17時)
FAX:075-212-9166

MAIL:mail@hanatouro.com