オーバーツーリズム対策事業

事業ミッション

特定の時期や時間帯、一部の観光地に
観光客の需要が集中することを和らげ、
一年を通して京都市域全域で
観光客が楽しめる環境を創り出します。

なぜやるのか?

観光地における混雑は、京都の観光地が持つ本来の美しい景観を損なわせ、観光客の満足度や再来訪意向の低下に繋がります。また、観光地周辺の住民の生活にも影響を与え、観光客に対する受入意欲の低下を招くことで、おもてなしの心を失うきっかけとなる恐れがあります。
さらに、特定の時期や時間帯に需要が集中すると、観光産業における安定した雇用が難しくなります。
こうした問題を解決し、京都の観光産業が持続的に成長できる環境を整えるために、私たちは混雑緩和に取り組みます。

GOAL

目指すゴール

1

「混雑状況に不満」と回答する観光客の減少

京都市が毎年実施する京都観光総合調査における、「京都観光で残念に思ったこと」として「混雑」が挙げられる数を減らしていくことを目指します。

2

「市民にとって暮らしやすい観光地である」と回答する市民の増加

京都市が毎年実施する市民生活実感調査における「京都は、市民にとって暮らしやすい観光地である」という回答は、調査開始以来、平成26年の0.58が最高値で、平成29年には0.33まで悪化している。住民生活との調和に取組むことで、この指標を平成26年当時の水準まで回復することを目指します。

3

京都観光にとっての望ましい賑わい状況を規定する

観光地における混雑は、空間的な要因から、混雑を感じる人の属性、予め混雑の覚悟があるか、など様々な要因によって決まると考えれられます。これらの関係を明らかにし、京都観光の魅力を最大化するために望ましい賑わい状況がどの程度であるかを規定できるよう、各所と連携のもと研究に取り組みます。

NEWS

事業関連ニュース

ACTIVITY

主な取り組み

賑わい可視化による分散化実証事業

  • #観光インフラの整備
  • #観光市場の可視化
  • #市民生活との調和
  • #環境や多様性への配慮

取り組み内容

訪日旅行が初めての観光客が多い国や地域を中心に、生活習慣の違い等を当該国で普及しているガイドブックやフリーペーパー等に重点的に掲載したり、WEBサイト上で情報発信することで、マナー問題の解決を図る。また、より親しみやすい動画コンテンツ等の作成にも取り組み、観光客からの理解を促す。

隠れた名所の活用等による分散化事業

  • #観光産業の育成
  • #市民生活との調和

取り組み内容

訪日旅行が初めての観光客が多い国や地域を中心に、生活習慣の違い等を当該国で普及しているガイドブックやフリーペーパー等に重点的に掲載したり、WEBサイト上で情報発信することで、マナー問題の解決を図る。また、より親しみやすい動画コンテンツ等の作成にも取り組み、観光客からの理解を促す。