琵琶湖疏水通船運航に係る運営業務 プロポーザル募集要項(琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会)

UPDATE :
2020. 11. 16
CATEGORY :
調達情報

琵琶湖疏水(大津から蹴上間)における通船の復活については、沿線の関係団体が連携して、明治期の先人たちが築き上げた貴重な産業遺産である琵琶湖疏水の建設の意義を改めて認識いただき、疏水沿線地域の更なる活性化の源となることを目的に、平成27年度から本格的な復活を目指した取組を推進してきました。

平成29年9月には、この琵琶湖疏水通船復活事業(以下「通船事業」という)を中核事業として沿線の魅力を創造発信するため、琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会(以下「協議会」という。)を立ち上げ、平成30年から通船事業を実施しています。

通船事業は今年で3年目となりましたが、今後も安定的に当事業を継続していくため、現行の運営体制の改善や、効率化を図っていく必要があり、令和3年からの3年間を、事業の安定化・持続化のための期間と位置付けます。

本業務は、通船事業において、安全かつ魅力的な船舶運航、国内外から幅広く乗船客を募集する乗船券等の販売および通船事業を組み入れた商品の企画・販売等、事業の実施運営を協議会にかわって行うこと、及び協議会と連携し、持続可能な事業の運営体制の構築に向けた取組みを行うことを目的とします。

1 委託業務名称

琵琶湖疏水通船運航に係る運営業務

 

2 参加方法

プロポーザル募集要領及び仕様書のとおり

 

3 参加申込期限

令和2年11月27日(金)午後5時まで(必着)  ※募集は終了しました

※ 提出資料作成に係る質疑受付期限 令和2年11月20日(金)午後5時まで(必着)

4 企画提案書・見積書 提出期限

令和2年12月1日(火)午後5時まで(必着)

問合せ及び提出先

〒604-8005 京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町427番地 京都朝日会館3階
公益社団法人京都市観光協会内

琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会事務局(担当 天鷲・柿本・牧野)

メール biwako_sosui@kyokanko.or.jp
電 話 075-213-0020 FAX 075-213-1011

本ニュースの関連事業