広島県観光連盟(HIT)・京都市観光協会(DMO KYOTO) 「ひろし・みやこ同盟」締結について

ポストコロナに向けて、世界的観光地同士のタッグが成立!

UPDATE :
2022. 06. 08
CATEGORY :
お知らせ , 事業報告

(一社)広島県観光連盟(会長:佐々木茂喜)と、(公社)京都市観光協会(会長:田中誠二)は、両地域の観光地としての特性や取組の共通性に鑑み、世界に選ばれる何度も訪れたい目的地になることを目指し、ポストコロナに向けた両地域の観光需要の回復及び、観光産業の発展等に寄与することを目的に、連携協定「ひろし・みやこ同盟」を締結いたしました。

1.同盟締結に至った背景

広島と京都には観光に係る多くの共通点(世界遺産をはじめとする歴史や文化、スポーツや食、伝統産業等)があること、また、観光地と住民が共生できる観光地を創るための取組について方向性を同じくする中、両地域への誘客促進に向けて両地域を直接結ぶ西日本旅客鉄道株式会社の協力もいただきながら、相互連携を検討してきたものです。

2.主な連携内容

以下のテーマに基づく取組を継続的に推進してまいります。
① DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進等を通じたマーケティングの強化
② 歴史や平和、スポーツなど両地域に共通するテーマ性の高い観光プロダクト開発や魅力発掘
③ 安全安心対策に関する情報発信など観光客の満足度向上に向けた受入環境整備
④ 国内外からのリピーターの定着に向けた両地域及び相互間の誘客促進や観光プロモーション
⑤ その他、両地域の観光産業の発展に関すること
引き続き西日本旅客鉄道株式会社とも連携し、取組を推進します。

今後、具体的な取組を重ね、「持続可能な観光地」の実現に向けて継続的に連携することで、国内・インバウンド観光需要の回復及び、観光産業の発展等に寄与してまいります。

本ニュースの関連事業